転職に関する噂話

Entry 103   Permanent LIN K







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

韓国の警備会社、ずさんな管理体制の実態とは



アロマテラピーの資格を取りませんか!2年半(32ヶ月)も続く大人気オークション! あなたもAEAJ...
 エスワン(日本のセコムとサムスンの合弁会社)の社員が警備を担当していた顧客の家に侵入し強盗に及んだ事件が発生し、市民に大きな衝撃を与えている。市民らは「韓国最大手の警備会社の社員がこの程度なら、一体どこの警備員を信じればいいのか」と不安がっている。この10年間、私設警備会社が雨後の筍のようにでき、警備員の数が3倍にまで急増した。こうした背景から、時として前科者が警備員に採用され、犯罪を犯すという事件が発生している。◆ずさんな警備員管理  現在韓国で登録されている警備会社の数は2749社。



警備員は12万8730人に上る。1976年に「警備業法」が制定された当時10社に過ぎなかった警備会社は、86年のアジア大会と88年のソウル五輪を経て急増した。 しかし、警備会社が増える傍ら、警備員らに対する管理がずさんだという指摘が多い。今年6月、新世界デパートのチョン・ヨンジン副会長宅に侵入した犯人は、同宅の警備を担当していたS保安会社の社員、キム某容疑者(27)だった。調べによると、キム容疑者は前科3犯だった。 現行法によると、禁固以上の実刑を受け、5年以上経過していない場合や破産宣告をした者は警備員になれないことになっている。しかし罰金、拘留などの前科者はこの対象にはならない。つまり、現行法が犯罪を犯す危険のある前科者に警備員への門戸を開いているというわけだ。一方、警備員らの勤務条件が劣悪で報酬が少ないのも犯罪の要因となっている、との指摘も出ている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


◆転職関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません
☆HULA FUNI のハワイアントートバック☆メーカーでもなかなか入ってこない店長の超おすすめ商...


転職に関する噂話TOPに戻る


もっと転職情報を!他の転職情報は?
スポンサーサイト

    2007/09/17   就職関連ニュース     103TB 0   103Com 0  ↑ 

Comment


P.W.   Secret    

Trackback

http://tennsyokusuru.blog118.fc2.com/tb.php/103-b5466f4d

FC2Ad

.

 

 

FC2ブログランキング

 

 

この人とブロともになる

 

 

 

このブログをリンクに追加する

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。