転職に関する噂話

Entry 248   Permanent LIN K







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

【社説】終身雇用教授採用の厳格化を通じたKAISTの大革命



天職力と転職力
 韓国科学技術院(KAIST)が今月初め、「終身雇用教授(定年までの雇用を保障する教授)」を採用する審査において、申請者35人のうち15人を不合格とした。KAISTは今回の審査で、院内の教授4人、韓国在住の外部の教授4人、海外の学者4人、計12人の審査委員から評価書を受け取った。そして年齢・地位・報酬などはすべて無視し、実績と成果のみを評価した。今回の審査で不合格になった教授の大部分は、米国東部のある名門大学で博士学位を取得した人たちで、そのうちの一部は海外の大学で活躍してきた。



KAISTの徐南杓(ソ・ナムピョ)総長は、今回不合格になった教授が多かった分野の学科長を呼び、「なぜ学科レベルできちんと審査しなかったのか」と叱責したという。厳格な基準を設けず、情実やコネに頼って終身雇用教授の申請者を選んだのではないかというわけだ。 米ハーバード大の場合、終身雇用教授の審査の合格率は20%に過ぎない。またスタンフォード大も、「助教授の墓場」と言われるほど審査の合格率が低い。教授として採用されてから5年以内に終身雇用教授の審査に合格しなければ「追放予告」を突き付けられるという。その場合、他の大学や研究所への転職を検討しなければならないというわけだ。 一方、韓国ではこれまで、まったく違う状況だった。2年前の国政監査の際、ハンナラ党の李周浩(イ・ジュホ)議員が46の国公立大を対象に調査した結果、終身雇用教授の審査の合格率は96.6%だった...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


限定200名様まで。決断は今!!!
今なら特典もプレゼント中



ツール詳細



就職スケジュール(2003)


転職に関する噂話TOPに戻る


もっと転職情報を!他の転職情報は?
スポンサーサイト

    2007/10/06   就職関連ニュース     248TB 0   248Com 0  ↑ 

Comment


P.W.   Secret    

Trackback

http://tennsyokusuru.blog118.fc2.com/tb.php/248-c91459fc

FC2Ad

.

 

 

FC2ブログランキング

 

 

この人とブロともになる

 

 

 

このブログをリンクに追加する

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。