転職に関する噂話

Entry 271   Permanent LIN K







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

【佐藤優の眼光紙背】第1回:ミャンマー情勢に見られる外務省の不作為



 ≪スローライフのきもの!≫【伝統工芸士 渡邊善平作】越後伝承紬着尺手織 くびり絣「格子...
 9月27日、ミャンマーの最大都市(旧首都)ヤンゴンで、日本人映像カメラマンの長井健司氏(50歳)が銃弾に撃たれ死亡した。本件に対する外務省の対応が実に生ぬるい。27日の時点で、外務省は「死因について現地の警察が調査中で、デモ取材中に流れ弾に当たったとの情報についてはまだ確認できていないとしている」(9月28日朝日新聞朝刊)などという寝言を言っていた。テレビ映像を見れば明らかに長井氏は至近距離から撃たれている。同胞の日本人が殺害されたということに対する怒りを外務官僚は感じないのであろうか? 同日夜、木村仁外務副大臣がフラ・ミン駐日ビルマ大使を外務省に呼んだ。



外交の世界で、勤務時間終了後に大使を外務省に呼びつけるというのは、相当、重大な事態が発生したときだけだ。それならば、相応のメッセージを相手に伝えなくてはならない。しかし、木村副大臣が伝えた内容は、腰が引けているという以前の、基本的な情報の精査もできていない実に情けないものだった。「木村副大臣は『仮に日本人が死亡したのならば極めて遺憾だ』と述べた。フラ・ミン大使は『残念である』と答えた」(同上)ということであるが、木村副大臣が「仮に」という留保をつけていることから、抗議する時点で長井氏死亡の事実すら外務省が確認できていなかったというていたらく振りが浮かび上がってくる。木村副大臣は外務官僚が作成した書類に基づいて発言したのであるから、このようなレベルの低い書類しか作ることができないアジア大洋州局の外務官僚が第一義的に悪い...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


限定200名様まで。決断は今!!!
今なら特典もプレゼント中



ツール詳細



☆ さし絵スタジオ 総合編 副読本付き Win版 200701


転職に関する噂話TOPに戻る


もっと転職情報を!他の転職情報は?
スポンサーサイト

    2007/10/10   就職関連ニュース     271TB 0   271Com 0  ↑ 

Comment


P.W.   Secret    

Trackback

http://tennsyokusuru.blog118.fc2.com/tb.php/271-ca23f168

FC2Ad

.

 

 

FC2ブログランキング

 

 

この人とブロともになる

 

 

 

このブログをリンクに追加する

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。