転職に関する噂話

Entry 327   Permanent LIN K







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

“騒音おばさん”だけじゃない。“騒音国税局男”(元マルサ)出現で、東京都国分寺市でも条例制定へ



主婦の自由な時間の手助けします!ワンダーシェフから人気高圧鍋!魔法の一分料理なべが復活!...
 隣人とのトラブルが、刑事事件にまで発展する事例が増えている。
奈良市の「騒音おばさん」は有名だが、今年9月にも大阪府吹田市で、15年間にわたって毎日のように騒音の嫌がらせを続け、汚物やゴミをまきちらしていた主婦(49歳)が暴力行為違反で逮捕。さらに同月、岐阜県岐阜市では、無職女性(73)の殺害容疑で、同じアパートの隣室に住む無職女性(61)が逮捕された。動機について「隣の部屋の音がうるさかった」等と語ったそうだ。
 去る9月28日、国分寺市議会で、「隣人トラブル防止及び解決のための条例」の陳情が満場一致で採択された。



陳情をしたのは、「隣人トラブル防止、解決のための条例推進委員会」代表・岡田順二氏(仮名。50代)はじめ817人。そこで岡田氏に、この間の経緯を聞いたーー。

 岡田氏は東京・国分寺市内の閑静な住宅街に立地するマンション(写真=「東スポ」06年4月20日発行)に住んでいる。ところがそのマンションには「騒音おばさん」を彷彿とさせるような「迷惑男」が住んでおり、マンションの住民はこれまで10年近くも苦しめられて来たという。
「あろうことか、その迷惑の主は、東京国税局の現役中堅幹部。それも元査察部(マルサ)所属っていうんですから世も末ですよ。“公僕”が聞いて呆れる。その元マルサが、隣室の生活音がうるさいといって怒鳴り込むばかりか、匿名の怪文書まで配布する。そのくせ自分は夜中にすさまじい夫婦げんかを繰り広げたり、早朝に大声をあげるんです」と憤る...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)


限定200名様まで。決断は今!!!
今なら特典もプレゼント中



ツール詳細



【超特価の限定オープニングオークション!】遠い昔、ふらっと立ち寄った屋台で食べた様ななつ...


転職に関する噂話TOPに戻る


もっと転職情報を!他の転職情報は?
スポンサーサイト

    2007/10/23   就職関連ニュース     327TB 0   327Com 0  ↑ 

Comment


P.W.   Secret    

Trackback

http://tennsyokusuru.blog118.fc2.com/tb.php/327-f05fc775

FC2Ad

.

 

 

FC2ブログランキング

 

 

この人とブロともになる

 

 

 

このブログをリンクに追加する

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。