転職に関する噂話

Entry 341   Permanent LIN K







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --/--/--   スポンサー広告        ↑ 

<教育再生会議>論議再開 福田首相寄りへ大きく変質



教育改革ワンダーランド
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071023-00000124-mai-pol
 安倍晋三前首相の肝いりで昨年10月に設置された政府の教育再生会議(野依良治座長)が23日、福田内閣のもとで論議を再開した。学校選択に競争原理を取り入れる教育バウチャー(利用券)制の導入などを検討し、12月中に第3次報告の取りまとめを目指す。年明けの最終報告に向け、福田康夫首相が掲げる「自立と共生」を再生会議の理念に据えることも決定した。安倍氏を後ろ盾に異論を抑えて数々の改革案を打ち出した再生会議は、福田内閣で大きく変質する。

 「教育再生」はもともと安倍氏のキーワード。福田内閣で再生会議の存続を危ぶむ見方もあったが、首相は山谷えり子首相補佐官(教育再生担当)の留任を決断した。



山谷氏は、入院中の安倍氏から「残ってよかった」と電話を受けたという。

 ただ、第3次報告に向けて難問は多い。児童・生徒が学校を選択し、子供の数に応じて予算を配分する教育バウチャー制に対しては、「都市と地方の格差拡大を招きかねない」など委員の間でも賛否が分かれる。道徳に代わる「徳育」の新設には文部科学省の中央教育審議会で慎重意見が根強い。

 再生会議は第1次、2次報告に、教員免許更新制など安倍氏の意向をくんだ提言を盛り込んできた。しかし報告に法的拘束力はなく、実現は福田首相の判断に委ねられる。政府・与党内には「予算の裏付けのない提言は実現しない」(文科相経験者)との冷ややかな見方も出始めていた。

 委員もこうした風向きの変化を敏感に感じ取ったようだ...

ニュースの続きを読む


限定200名様まで。決断は今!!!
今なら特典もプレゼント中



ツール詳細



高齢者福祉の開発と経営


転職に関する噂話TOPに戻る


もっと転職情報を!他の転職情報は?
スポンサーサイト

    2007/11/03   就職関連ニュース     341TB 0   341Com 0  ↑ 

Comment


P.W.   Secret    

Trackback

http://tennsyokusuru.blog118.fc2.com/tb.php/341-ec9df950

FC2Ad

.

 

 

FC2ブログランキング

 

 

この人とブロともになる

 

 

 

このブログをリンクに追加する

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。